スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱり誘引 

080624_nanako1地面から出てきたシュートが直立に近いが放っておこう、と思っていたのだが
直立に加えて、わざわざ幹から離した枝に沿うように伸び始めてしまった。
このまま伸びると上部で葉が重なり合うことになってしまうので、
最初の予定を変更して、外側に向けて誘引することにした。
まだ青々していて草のようにプチッとちぎれてしまいそうな
みずみずしいシュートなので、どうやって引っ張ってこようか、と
考えた末に出た案は・・・。


080624_nanako2ヘアアレンジ用のUピンをさして、その下をくぐらせるだけ、というもの。
ピンにはコーティングがされているし、しばりつけないなら
シュートへのダメージもあまりないだろう、と考えたからだが
果たしてこれで成長していくと根元がこの開き具合に固定されて
木化していくのか、は、不明である。

スポンサーサイト

ナナコバラにシュート 

080621_nanako上部も今はつぼみの第二弾が花盛りで、
しかもあらゆる葉の付け根からどんどん枝が伸びているのだが、
さらに地下からシュートも伸びてきた。
もう少しゆるやかな角度で上がってきてほしかったが
まだ柔らかい枝で幹肌に傷つけてしまいそうなので
誘引などはせず、成長が一段落するまでこのままにしておく。

枝ぶりの調整 

080608_nanako1今年は花をつけている間は枝を短くするのをやめて、
冬に植え替えるまで伸ばし放題にしようと思っている。
ナナコバラは細いながらも長く枝をのばして、
いまやつぼみもたくさんついた、が、バランスが悪く
風が吹くと地上部分がゆさゆさと全体的に揺れてしまう。
そこで、枝が柔らかいうちに矯正してみようと思い立った。
続きを読む

ナナコバラの剪定 

(コメントは後ほど…)

060514nanako

満開のナナコバラ 

(コメントは後ほど…)

060511nanako

同い年の同じバラでも 

(コメントは後ほど…)

060423nanako1

060423nanako2

060423nanako3

ミニバラにつぼみ 

050822mini.jpg芽吹いたと思ったらあっという間につぼみまでついた。
もう少し株全体に枝が出てから
一斉に咲いてくれたほうがいいのだが、
8月でこれ位勢いがあると、長い間
花が楽しめそうで嬉しいものである。
ホワイト・クリスマスも約3週間何も動きがなかったが、
少し見ない間に一本枝が伸びている。
交配した花を支える枝の表皮が、他の株には
見られないくらい茶色く変色してしまったので
株全体が病気だったらどうしようかと
思っていたのだが、そうではないようだ。
ただ、あまりに傷んでくるようなら実をつけるのを諦めて
株に負担をかけないようにと思っている。

ミニ鉢のミニバラにも芽が 

050818mini.jpg同じ種類で同じ場所に置いているけれどサイズが極端に違うミニバラは、
サイズが違っても芽吹く時期は一緒のようだ。
芽が形成されてきたと思ったらすぐに成長してきた。
奥の株の芽の位置はちょっと間延びしているので、
もう少し下にも芽が出て欲しいものである。
手前の株の芽の位置は茶色くなった幹の長さと
バランスが取れているので力強く伸びてくれればと思う。
こちらも秋には植え替えが必要だろう。
この小さな鉢には一本だけにして形を整えていくつもりだ。

芽吹き始めたミニバラ 

050812mini.jpg
花が終わった後しばらくして葉も全て落ちてしまった一重のミニバラだが、この三日間でこれだけ芽が伸びてきた。
角状の芽の期間がほとんどなく、つるんとした枝からいきなり出てくるような感じである。
交差してしまう枝は少し切ってみたが、春に伸びた枝は花がらを落とすだけにしていた。今回の芽が出てきたのが枝の先端なので、切り詰めすぎないでよかった、と思っている。
しかし、今年伸びた枝の重みからか、幹がすっかり鉢に寄りかかるようになってしまった。秋の植え替え時には樹形も整えたい。

ミニバラ(大)が花盛り 

鉢から片側に大きくはみ出してしまっているが、ミニバラ(大)が複数の花をつけたので記念撮影。もう少し小ぢんまり仕立てたかったが、今年はあれよあれよという間にここまで伸びたので、蕾もつくままに咲かせてみるつもりだ。
050522mini.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。