スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミニバラの植え替え 

ミニバラは結局一斉に秋の花を咲かすことがなかったので、実をつけているネプチューン・オプティマ以外は土を替えることにした。市販のバラの土で植え付けていたのだが、最近すっかり水遣りを任せている家人から「いつも湿った感じで水遣りのタイミングが分かりづらい」とずっとクレームを受けていたので大苗を植え付けるに当たっていっしょに作業をすることに。
使用するのはいつもの赤玉土と腐葉土で、今回は6:4で混合した。
051105rs1.jpgまず、レッドシンフォニー。
051105rs2.jpg4本あった株のうち、一本はものすごく貧弱だったので別に1.5号程度の鉢に植え、3本を元の鉢に植えなおした。
割と横に伸びるタイプなので3本にしておいて隙間を作っておいた方がいいと思ったのもある。

051105ny.jpg051105jupiter.jpg051105mars.jpg

左からニューヨーク・フォーエバー、ジュピター・オプティマ、マーズ・オプティマである。それぞれ枝の広がりが外に向くように気をつけながらも4本ずつ元のように植え付けた。マーズは立ち性なので少し外周よりに植えてみた。

051105lp.jpg051105bm.jpg

ラブリープリンセス・オプティマ(左)は残念ながら株は2本になっていたので、ベン・ムーンに使っていた4号鉢を使い、3本株のあるベン・ムーンを5号鉢に植え付けた。しかし、土を落として驚いたのはベン・ムーンは細い根ばかりで長さも短いこと。これでは地上部が充実しなくて当たり前だ。
これから自然に葉を落とすまでの間に、それぞれしっかり根を伸ばして来春に備えて欲しい。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://myrosegarden.blog33.fc2.com/tb.php/14-7c6ff865

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。