スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホワイト・クリスマスに交配 

深夜には昨夕以上の豪雨となったし、雨は降り続いているし、もう7月に入ったし、雌花のめしべの成熟具合は今ひとつ…と悪条件だらけなのに、3日前に取ったブラック・バッカラの葯から花粉を取り、ホワイト・クリスマスに交配してみた。
05-07-02_14-27.jpg

写真手前の花は、今回交配した花と同時に咲いたホワイト・クリスマスだが、先端は虫にかじられていたし、ずいぶん黄味の強い小さい花びらでの開花だった。しかし、香りはいつもの芳香を振りまいている。写真奥に見える小さな白いものが交配した花に被せた紙袋である。利用するのは日めくり式のカレンダーで、それを漏斗状に丸めて糊付けし、先端は口を開けそうなので折ってホチキス止め。それを被せて口を合わせ、茎と紙に隙間ができないように気をつけながら左右の端を上に折りホチキス止めして出来上がり。もしかしたらこんな廃品利用ではいけないのかも知れないが、今のところ問題がない。
地植えのアンドレ・ル・ノートルは、豪雨にびくともしていなかった。植物の生命力に感心である。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://myrosegarden.blog33.fc2.com/tb.php/161-c180c111

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。