スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

強剪定実施 

鉢の土換えが全てすんだのと、去年の芽の出方が遅かった気がしたのもあって、一気に強剪定を仕上げた。
枝の数が多い地植えのアンドレ・ル・ノートルは、古めの枝や内側に向いて伸びてしまった去年のシュートを整理し、高さのみならず横の空間もすっきりさせた。
他のHT/FLは枝数がまだ少なめなので高さを押さえるのみにとどめた。
ミニバラは、まだ花をつけていたニコラだけは折り曲げで処理し、他は5センチくらいにまで短く切り詰めた。
スポンサーサイト

コメント

作業中は必死なので気付かなかったのですが、後で腰にきました(^^;;>くりいしさん
一度鉢から出すと根の様子から成長具合がよく分かって「親」の気持ちになります。この気持ちを毎年確認するためにも鉢換えはいいことなのかもしれません。
我が家の新入りの苗も、少し芽の動きが遅いようです。まだ暖かくなるのは先なので、気長に待ってみましょう~。

土の入れ替え、大変だったでしょう? お疲れ様でした。 家はまだ全部終わっていません・・出張中の主人が帰ってこないと、重い土を持って帰ることもできないので、現在彼の帰宅待ちです。 その間にも、どんどん芽から葉が出始めている鉢もあり、ちょっとかわいそう。 先週から全く何の動きも無い鉢が2・3有り、夏以降の不精を悔やんでいます・・・

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://myrosegarden.blog33.fc2.com/tb.php/17-c356fe60

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。