スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

種もどき? 

交配した花の後ヒップの上にふくらみができている、と書いたのだが、今日、虫がいるのを弾き飛ばそうと爪で弾いたらそのふくらみまで数個飛んでいってしまった。
むしりとった訳でないのだから、悪影響がないことを祈りつつ、ついでに解剖することに。
050801aln.jpg
これがアンドレ・ル・ノートルにできたふくらみである。今では茶色に色づいているのだが、小刀でなかなか切れないくらい固い。その殻状のものの厚さは約1mm。中央には少しの空洞と乾いた白いものが入っていた。まるで種のようである。
こうなると、乾ききっていないホワイト・クリスマスのヒップ上のふくらみも解剖してみたい。なにしろ、こちらの方がふくらみの数が多く、そのせいで上からヒップが少し裂けてしまっているほどである。
050801wc.jpg
それで一番外側のふくらみを一つ取り、カットしてみた。やはり外側は相当固いが、中身はみずみずしく、リンゴの種を思わせた。
でも、これが種ではないはず。おしべを取り去った後からできているようなのだが、何なのだろう?

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://myrosegarden.blog33.fc2.com/tb.php/215-baa7fb9a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。